expgdc

exp gdcをノートパソコン「ThinkPadX230」に接続出来ました【eGPU】

この記事から得れる情報

・ノートパソコンで3Dゲームをしたい!
・ノートパソコンでクラフトピアをプレイしたい!

・外付けグラフィックボード[eGPU]に興味がある
・exp gdcの取り付けは簡単なのか?

・exp gdcの成功体験談が欲しい
・exp gdcには何が必要なのか

・男のロマンを知りたいなど・・・

ノートパソコン用外付けグラフィックボード用ツール「EXP GDC Beast

今はデスクトップPCで十分対応が出来る程のグラフィックボード性能になります。
(GTX1050の取付が現実的な限界?)

今回なぜ、十分に理解していながら購入にいたったのかというと、

ロマンの為

それだけです!!!

ロマンの為だけに用意しました!!!!

3D性能皆無のThinkPadX230が、steamのクラフトピアを起動・プレイさせれたときは、感動と興奮に酔いしれました。(試しにグラボ無しでクラフトピアを動かしましたが、キャラクターがワープします)

今回は私個人の備忘録も兼ねて、exp gdcのエクスプレスカード取付を記事にします

ぜひexpgdcがどんなものかご覧いただけたらと思います!

今回用意したもの

今回用意したものはこちら

ThinkPadX230 ノートPC本体
ASUS GTX950 2GBグラフィックボード(購入)
EXP GDC エクスプレスカード版 グラフィックボードを外付け接続する為のアイテム(購入)
玄人志向 電源ユニット 400W(購入)

本体のノートパソコンは、サブPCとして利用しているThinkPadX230になります。
スペックは「corei5 3世代 メモリー16GB SSD」になっています。
中古市場でとても人気のあるThinkPadX230は、
exp gdcと、非常に相性が良いノートパソコンです

あわせて読みたい

まずは外部入力端末のexpgdcとGTX950のグラボを購入。
EXP GDCは対応確認済のグラフィックボードがGTX1050までとの事です。
ですが、海外のサイトやyoutubeなどで調べると、GTX1650Tiまでは接続できるようです。

あわせて読みたい

今回グラボを購入するにあたり、性能と相性を色々調べました。
結果、GTX750GTX950で迷いました。どちらも相性が良い
となると「安さを取るか」「少しでも性能上昇を見込むか

exp gdcの接続に関して、今回の大きな目的の一つが「クラフトピア」というsteamのゲームを動かす事でした。

EXP GDCはAmazonで購入し、GTX950もAmazonで購入しました。
(中古でグラボを買うとマイニングで使用されている可能性があるので注意との事)

EXP GDCは基本的に海外発送になるので、入手するのに時間が掛かります
日本でも在庫保有している方がいますが、手間と手数料分だけ高価になります。

Amazonで注文してから、自宅に届くまでおよそ2週間程度かかりました。
ただ、予定配送日数が3週間だったので、思っていたよりは早く届いて良かったです。
(中国発送で、本当に届くのか心配なのもありました)

expgdc
EXP GDC
ASUS GTX950
ASUS GTX950 2GB
取付完了!

よっし!すべての取り付けが完了!

っと活き込んで、スイッチを入れましたが、グラフィックボードは動かず

おいおい、マジかよ・・・

愕然としました。

私がこのGTX950を選んだ理由は、補助電源無しで使えるという点も含まれていました。

しかし古いノートパソコンだと、グラフィックボードの電源供給が足りない模様。

何回か再起動を試したり、感情的に「動け動け動いてくれよ!!」と願いましたが、動かず。

少しがっかりしましたが、頭を切り替え、新品の電源ユニットを注文しました。

注文した電源ユニット!400wあれば十分です

日をあらためて、取り付け開始!

これでようやく動く

そう願って、取り付けをはじめました。

expgdc接続
グラフィックボードと電源ユニット

取付開始!

電源ユニットとケーブルを繋ぐ線
装着!

次は本体とEXPGDCの取り付け!

左側下の差込口にエクスプレスカード
半分入りました
エクスプレスカード接続
装着!

遂に取付が完了しました。

あとは動くかどうか・・・

外付けグラフィックボード
全体像

電源ユニットのスイッチを入れて、本体のスイッチをオン!

ウィィィイイイイィン

よっしゃああああああああああ!!!!

歓喜の歌声を挙げたのが、このツイートの瞬間でした。

改めてになりますが、クラフトピアがヌルヌル動いた時には、非常に嬉しかったですね。

グラボと電源ユニットのファンがうるさいかな?と思いましたが、思っていたより静かでした。

今回ベンチマークを取っていないので、どれぐらいの性能なのかは実際の所は分かっていません。
しかし、クラフトピアは動きました。ガンダムオンラインも動きました。
(追記:有名ゲームのベンチマークを3つ取りました!こちらの記事にて)

そんなこんなになりましたが、以上でEXP GDCの取り付け備忘録になります。

エクスプレスカードでの取り付けだったので、取り付け作業は「わずか10分程」で完了しています。

エクスプレスカードを備えていないノートPCには、miniPCIeをノートPCに取り付けます。
(追記:ThinkPadX230で取り付けてみました)

あわせて読みたい

無線LANカード用の場所にminiPCIeを接続する形となります。
(ノートPCをネジで開けたりする作業があるので、少し難しくなります)

あと、下調べをした際にエラーコード43(追加でコードの購入が必要になる)が出るかもよ!
っといくつか参考にさせてもらった記事で書いてあったりしましたが、

私の今回のノートPCとグラフィックボードではエラーコード43が発生しませんでした

それと、外部ディスプレイを使わないと画面が出力されないと記事で見かけていたのですが、

それも特に問題なく、本体のディスプレイに映像が出力されています。
(運が良かったのでしょうか?ThinkPadとの相性が良いのかな?)

ロマンはどこだ

大好きな小説「陽気なギャングが地球を回す」のセリフになります。

次のロマンを求めて、また日々活動していきます!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせておすすめです!