UO ゲーム

【MMORPG】ウルティマオンラインが楽しかったなというお話Vol.1【思い出】

ゲーム好きの私が、人生で1番ハマったゲームが、MMORPG(オンラインゲーム)でした。

特に1番やり込んだゲームがウルティマオンラインというMMOでした。
今もサービスが続いている、とんでもなく長い歴史を持ったオンラインゲームです。

私はウルティマオンライン(以下UO)に相当の時間を掛けて遊んだ記憶があります。

始めたきっかけは、我が家に始めてパソコンがやってきた所からになります。
まだISDN回線が主流で、ADSL回線が出回ってきたころのお話です。(光回線など無い時代!

元々ゲーム好きだったので、パソコンゲームに興味を持ち、
パソコンショップに「何か面白いゲームはないかなぁ」っと探しに行きました。
バーっと並んでいるPCゲームの平積みコーナーを見ていると、
パッと視界に入るパッケージがありました。それがUOとの出会いでした。

購入したパッケージはルネッサンスのパッケージになります。

胸をワクワクさせながら初期サーバーをyamatoにし、身内の誰かの名前を使ったキャラクターを作り、
何をしていいのか全くわからない状況で、UOをスタートしたことを覚えています。
もうちょっと後になると、チュートリアルが用意され、
ゲームのスタートやスキルの事を解説してくれるようになります。
(特に、ヘイブンという始まりの場所があるシステムは良かったですね)

私が始めた当時は、マインクラフトと同じで、説明無しの投げっぱなしでした。
(パッケージの中に怪しい日本語で、説明が書いてあったような記憶がありますが・・・)

UOプレイ画像
今の無料アカウントで入った、私のアカウントの画像

その頃の私は、インターネットで調べてどういった流れが最適化、
などと調べるという考えが、全くありませんでした。
今すぐ当時の自分に教えてあげたい

とりあえず人が多く集まる街ブリテインで、その辺に誰かが捨てていた斧を持って、
街の外にいる鳥や、ヤギや牛を殴っていました。

皮をはいで羽をむしり取り、数をたくさん集めて
ブリテインの街にいる通りすがりの人に声をかけていました。

買ってくれ!買ってくれ!」と、今思えばかなり物乞いみたいなプレイをしていました。

そもそも、スキル制のゲームなのに、何も考えずに戦闘スキルを適当に上げていました。
UOは、LV上げがメインのゲームではなく、長所になるスキル上げて、
自分のスタイルにあったキャラクターに育てていくゲーム(MoEも一緒)です。
テンプレート事態は存在していますので、基本はテンプレートに合わせたスキル構成になります。
しかし、少しずつアレンジしてプレイする人が多く、決まったプレイスタイルはありませんでした。

そうして、ひとしきりUOを楽しんでプレイした後に
パソコンショップでディアブロ2と出会い、そちらに移っていくことになります。

そして、色々なパソコンゲームを遊んだ後に、またUOに戻ってきます。
丁度戻ってきた頃に、Sakuraサーバーがオープンとなり、

どうせ始めるなら、新規サーバーで始めよう!

っということで、再開することとなります。

では次回の記事で、またお会いしましょう!