マンガ 転生系

4000年ぶりに帰還した大魔導士【転生系マンガおすすめ作品】

4000年ぶりに帰還した大魔導士」は、大魔導士の魂が主人公となる人間の肉体に宿るというお話です。
魂だけの状態にされた主人公が4000年後の世界で復活するという設定になっています。
世界観も大きく、設定もしっかりとしているので、とても面白い作品となっています。

今回の記事で読んでみるかどうか悩んでいる方に、オススメ出来る点をお伝えしていきます!

どういった面白さ?

かつて最強だった大魔導士が、魂のみが新たな肉体に宿り、知識のみを持った状態で復活する話となります。
4000年前に培った知識と経験が、徐々に表面に現れ4000年後の現在で衝撃を与えていく展開となっています。

4000年前と比べて魔道の知識が偏った世界となり、困惑をする主人公。
それに加えて、宿り木となった肉体は世間でいじめの対象。
そんな状態から、力を備え変化していきます。

こんなジャンルが好きな方へ

こんな内容が好きな方にオススメ

  • 主人公の生き様がカッコいいのが好きな方
  • キレイな絵が好きな方
  • とにかく転生系が好きな方
  • ストーリーがしっかりしている内容が好きな方

ストーリーの序盤では主人公「ルーカス・トロウマン」のポテンシャルが明らかでは無いのですが、
話しが進むにつれて、そのポテンシャルが明らかになっていき、どんどん主人公のカッコ良さが出てきます。
話数の途中から強くなっていき、徐々に楽しくなってきます!

どんなあらすじ?

最強の強さを持った大魔導士が、神の力により4000年の間封印されてしまいます。
色々な事情が絡み、とある人間の身体に魂(意識のみ)が宿ります。

4000年の月日が流れて、時代の変わった世界で、過去の自分や仲間達との触れ合いや経験を元に、
自分を封印した神に復讐を誓うストーリーとなっています。

実際に読んでみた感想

実際に購読して読んでみた感想は

主人公の「ルーカス・トロウマン」が、宿り木となった弱い肉体を修行して鍛えていく所に、
LVアップ感がありそれに伴った敵と対峙する所が面白さの1つとなっています。
また知識と経験を活かしてストーリーが進んでいく所が、転生系が好きな方にとっては楽しく読める要素になります。

ストーリーの伏線が多く張られている所も面白さの要素となっています。
果たして伏線は無事に回収されていくのでしょうか?
終わりまで目が離せない連載作品となっています。

・どこで読める?

4000年ぶりに帰還した大魔導士」は、ピッコマでの独占販売となっています!
ご覧になりたい方は、ピッコマを利用して読んでみてください!

4000年前に活躍した大魔導士が、別の肉体で活躍していくとても面白い作品となっています。
転生系が好きな方には是非読んで欲しい作品です!
話数が進むに連れてどんどん面白くなっていきます。

電子書籍を利用して、快適なマンガ生活を送りませんか?

スマホとタブレットが当たり前の時代!

そんな時代に合わせて、マンガを取り巻く環境も変わっています!

今は多くのマンガタイトルがスマホやタブレットで読むことが出来るようになりました。

紙媒体に慣れていると、電子書籍を読むことに少し抵抗があるかもしれません。

しかし試してみると分かります。

ぜひ一度、電子書籍(またはアプリ)を利用してみてください!

電子書籍の便利さに気づき、マンガを読むことがさらに楽しくなります!

マンガが大好きな私がおすすめの電子書籍を扱うECサイトを7つご紹介します!

無料登録をして、試し読みから気になるマンガを探してみてはいかがでしょうか?

今回は以上です。

では、また次回の記事でお会いしましょう!