中古マンション購入 雑記

新築マンションと中古マンション どっちがいいのか?【実際に購入して感じた事】

この記事で得られる情報

・新築マンションと中古マンションどちらがいいのか
・新築マンションの良い点
・中古マンションの良い点

今回色々な条件を機に「中古マンション」の購入検討を行い、実際に購入をすることが出来ました。
その際に「新築マンション」と「中古マンション」のどちらを購入するべきなのか?
という点に疑問を持ち色々と調べました。

どちらにも良い点がありますし悪い点もあります。
今回は両方の利点について記事にしています。
マンションの購入を検討されている方、また将来に向かって購入予定のある方、
是非検討材料としてご覧ください!

中古マンション購入に関する記事はこちら
下見編」「購入編」「引っ越し編

新築マンション購入の良い点

新築マンションを購入するにあたっての良い点は

・新築(誰も住んだことが無い)
・住人がおよそ同年代
・駐車場がある(ある場合が多数)

上記が調べてみて感じた内容です。
もう少し分析してみます。

新築(誰も住んだことが無い)

これはもう新築ですので当然のことですね!
せっかく高価なものを購入するなら、誰も触っていないものを持ちたいというのが当然の心理です。
新築の持つ独特な雰囲気や匂いを感じながら、生活をスタートさせれますね。

住人がおよそ同年代

新築のマンションを購入に至る層ってのは、恐らくご自身と同年代の方が多いでしょう。
あまり高年齢の方で新築マンションに住もうとは、考えが至らないと想像します。
現金一括払いが出来るなら住めますけど、通常はローン払いかと思いますので。

同じ世代の人が住むことで、気遣いや助け合いが楽に感じるのではないでしょうか。
ですので、新築マンションに住んだ年数と同じく、住人の年齢(お子様も含めて)が上がっていくことになりますね。
そうやって、マンション独自のコミュニティみたいなのが生まれるはずです。

駐車場がある(ある場合が多数)

住む地域の条件によりますが「部屋数=駐車場」が条件だと思います。
さすがに超一等地は難しいと思いますが、ある程度の居住地域には駐車場が付くはずです。
しかも近隣の駐車場より安く使えるという利点があります。

中古マンションの場合、大半が抽選になります。
「居住=駐車場」という考えはあまり持たれない方がいいです

実は駐車場問題は、大きなポイントの1つになると感じています

以上が、新築マンション購入の良い点になります。

仲介手数料完全無料の【ゼロベース】

中古マンション購入の良い点

中古マンションを購入するにあたっての良い点は

・新築マンションより安い
・新古状態もある(築3年以内等でキレイ)
・リノベーション等で、わりと室内環境(クロスやキッチンなど)を選べる

上記が調べて得た内容と、実際に物件を下見をした時の感想となります。
もう少し分析してみます。

新築マンションより安い

住みたい地域にもよりますが、同じ地域で比べれば新築より中古の方が当然安いです。
場所を選ばなければ新築でも予算内に収まるでしょう。ここは何を優先するかで決まることになります。

新古状態もある(築3年以内等でキレイ)

車でよく「新古車(試乗車)」なので新車より安く売ります!みたいな状況があります。
中古マンションにも似たような状況の物件がある時があります。
この築浅で売ってるマンションがあるの!?」っと調べている時に実感しました。
当時の販売価格より安く、リノベーションもいらないくらいキレイな状況でした(実際に内覧しました)

リノベーション等で、わりと室内環境(クロスやキッチンなど)を選べる

中古マンション選びの際にチェックするべきポイントが
リノベーションが済んでいるかどうか」という点があります。
済んでいないと「マンション価格+リノベーション代」が掛かりますので、予算内に収まるか検討が必要です。

リノベーションが済んでいない物件だとリフォームが必須でしょう。
その際にクロスの色やキッチン周りのコンセプト、手洗い場、お風呂場もある程度の好みが伝えれます。
マンションの条件に合うルールがあるでしょうが、選べる場所はしっかり選びましょう!

以上が、中古マンション購入の良い点になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回私は中古マンションを選んで購入しています。
選んだ理由は「住みたい地域」と「予算」の2つの要素を合わせて選択しました。

新築マンション、中古マンションそれぞれにメリットがあり
お互いのポジションで、デメリットも存在良い点が悪い点になる)します。
どこのポイントに重点を合わせて、購入を検討するかが一番の選択ポイントになるでしょう。

今回は以上となります。

ここまでご覧いただきありがとうございます。
この記事がお役に立てたら幸いです。

仲介手数料完全無料の【ゼロベース】