中古マンション購入 雑記

【実録】中古マンション購入から引っ越し完了までの流れをご案内します【下見編】

この記事で得られる情報

・中古マンション購入の流れを知りたい
・中古マンション購入で注意するべきこと
・中古マンション購入に興味があるから知っておきたい

今回の記事は、実体験を元に
中古マンションを選んで購入→引っ越し完了」までの流れを記事にしています。

実際に掛かった期間や住宅ローンを組んだ時の事、引っ越し屋さんを利用した記録などをお伝えしていきます。
今後中古マンションを購入検討される方の、1つの手助けになる記事内容にしています。

中古マンション購入に至った経緯

今回の中古マンション購入に至った経緯は
子供の成長」と「持ち家に住みたい」という考えの中で、タイミングが重なった事によりスタートしました。

実際に今は賃貸からマンションへ住み移っていますが、非常に快適です。
賃貸を借りている事に関しては、特に小さなお子様のいる家庭では
汚れてもいいのか」「壊れてもいいのか」の2点を気にして神経を使って生活してしまいます。
その分持ち家になると「全て自己責任」になりますので、賃貸よりは気になりません。

ローン返済も賃貸の時から少し上がった程度ですので、生活を苦にすることはありません

以上が経緯と現状になります。

仲介手数料完全無料の【ゼロベース】

下見に要した期間

下見に要した期間はおよそ5か月程度です。
条件を設定して自分たち家族に合う物件を探すことにしました。
設定した条件は・・・

・予算
・オートロック
・2階以上の部屋
・奥様の実家の近く

以上を条件として設定し、これに該当する物件を探す事にしました。

予算は、支払いがちゃんと可能かどうかなどを予測して考えます。
実際に掛かる費用は「マンション代金+諸費用」です。
諸費用の目安はおよそ100~300万(価格と住む地域の条件により異なります)
更にリフォームが必要ならその代金が+αになります。

オートロックと2階以上に設定したのは、子供がいるので防犯対策としてという事ですね。

細かい条件設定は各々あると思いますが、ここに明記したのは最低条件という認識になります。
あとは物件を気に入るかどうかという所ですね!

住居探しで利用した媒体

中古マンション探しで利用した媒体は

SUUMO(スーモ)
アットホーム
・特定の不動産会社のHP

以上の3つの媒体を利用して物件探しを行いました。
SUUMOアットホームの2点を利用すれば、ほとんどの物件を閲覧することが可能です。
特にSUUMOにはほぼほぼ掲載されますね。
他にも媒体はありますが、5ヶ月間色々な地域も見続けた結果、
SUUMOアットホームに掲載されている物件ばかりなので気にしなくても大丈夫です。

一部の物件がアットホームにのみ掲載されていたり、
自社物件がその不動産会社のHPのみにしか載っていないこともありますので
物件探しを徹底するという点では、常に3つの媒体をチェックする事が大事になります。

中古マンションを内覧した数

内覧をした数は「5ヶ月間で4件」となります。
この件数が多いのか少ないのかは正直わかりません。恐らく少ない部類に入るでしょう。

住む地域を限定して探すとなると、中々物件が出てこないのも事実となりますし、
条件が厳しいということもまた、内覧件数を狭めている可能性があります。

ただこれは、緩める必要のない設定になります。
妥協して買う買い物ではないですからね。
早く欲しいからと思っても、少し腰を据えて探すのが自分の為になります。

仲介手数料完全無料の【ゼロベース】

中古マンション探しで気を付けるべき事

中古マンション探しで気を付けるべき点は下記になります。

・マンションの周辺環境はどうか
・マンション内の環境はどうか(住民の挨拶やゴミ捨て場の状況など)
・ローンと管理費、修繕費が支払える範囲なのか

・内覧したことで、感情が引っ張られない事

この4点はとても気を付けるべき点です。

せっかく気に入った物件が見つかっても、
周辺環境が悪かったり、ローンや管理費・修繕費が負担になるようでは、
すぐにマンションから引っ越したくなる=嫌いになる」という事が思い浮かびます。
条件の良い物件が見つかってもすぐに飛びつかずに、一度冷静になって確認しましょう。

それともう一つの「内覧したことで、感情が引っ張られない事」というのは、
中々良い物件が見つからないと、予算より高い物件にしようかという気になります

万が一予算より高い物件を内覧したら、自分の理想により近い物件の可能性がありますので、
頭の中から離れなくなります
つまり「それ以下の条件の物件が選べなくなります
それによって選んでしまう事が、支払いが苦しくなったり出来なくなったりと、
最悪の購入に繋がる可能性が出てきますので気を付けてください。

もし予算より高い物件を内覧するなら、
見本として冷静にみて、今一度支払いが可能な物件かどうかを検討されてからにしてくださいね。

「選ぶ」「買う」「買い替える」をまるごと楽しむ中古・リノベマンション専門サイト

まとめ

以上で、中古マンションを探す時の流れとなります。

中古マンションは人が売って、初めて買い手に情報が入ります
少し長い目を見て、引っ越しが完了する着地点を見つけてください。

次回は購入を決めてからの動きをお伝えします。

ここまでご覧いただきありがとうございます。
この記事がお役に立てたら幸いです。

仲介手数料完全無料の【ゼロベース】